アウトプットの横展開(広げる)と縦展開(深める)どっちがいい?

投稿日:2019年5月2日 更新日:

インプットとアウトプットを
すすめる方法で、「横展開」と「縦展開」があります。

横展開=広げる
縦展開=深める

とも言えます!

横展開(広げる)と縦展開(深める)

例えば読書のレビューをしようと思った時、

横展開(広げる)の場合

昨日「樺沢先生のアウトプット大全」を紹介したから、
今日は「金川先生の99.9%アウトプットを先にしなさい!」を紹介しよう!

となり、

縦展開(深める)の場合

昨日、アウトプット大全に基づいて
「アウトプットの重要性」について話したから、

今日も、アウトプット大全をもとにして、
「簡単にはじめられるアウトプット」を3つ紹介しよう!

となります。

その人のタイプ(性格や特性)によって展開方法を選ぶ

「横展開と縦展開」

どっちがいいのか?

それは、その人のタイプや状況によって
臨機応変に選んでいけば良いと思います。

横展開(広げる)が向いている人

・色んなことに興味がある人
・落ち着きがない人
・資金がある人
・飽きっぽい人

縦展開(深める)が向いている人

・あまり気が多くない人
・落ち着いている人
・資金がない人
・じっくりひとつの事に集中できる人

アウトプット初期のオススメは縦展開

アウトプットをはじめたばかりだと、
「縦展開(深める)」がオススメです!

なぜなら、ブレないで1点突破できますし、
「何をやっているのか?」ということが、
相手にも伝わりやすいからです。

横展開が向いている人もいる

ただ、たまに天才的に
マルチタスクをこなせて、

色んな興味があることを
楽しく伝えることができる人もいますよね!

本当にうらやましい才能です!

フツーの人なら縦展開がおすすめ

でも、「自分はフツーの人」と思うなら、
まずは、ひとつのことを縦展開で深く学んで、

そのことをブログや動画にアウトプット
していくのが良い展開方法だと思います。

どっちをしているかを意識すると次の展開が見える

「横展開と縦展開」

今、自分がやっていることは、横展開なのか?

それとも、縦展開なのか?

これを意識しておくことが大事です。

この認識がしっかりしていれば、「次になにをすればよいか?」とか、

あのネタは「横展開」だからカテゴリを変えよう!とか、

フィードバックをするうえで、ひとつの判断軸(基準)になります。

つまり、アウトプットをやりっぱなしにしない!ということ!

やりっぱなしだと、いくらアウトプットをしても、
それが自己成長につながることはありません!!!

はじめは、ひとつのアウトプットで、
ひとつの改善で良いと思います。

それでも、1ヶ月、半年、1年と経つうちに
目覚ましい自己成長を出来ると思います(^^)

まとめ

ということで、しばらくは、
樺沢先生の「アウトプット大全」に基づいて、

気付いたこと、実際にやったことを
ブログやSNS、動画にアップしていこうと思います。

ちなみに、今日の「横展開」「縦展開」のことも、
アウトプット大全 p33に書かれていることです。

また、「横展開」「縦展開」は、

「インプット → アウトプット → フィードバック」

のサイクルにおける「フィードバック」の部分に含まれます。

フィードバックについては、また他で詳しく触れることにしいます。

アウトプットの達人になるために、
参考になる樺沢紫苑先生の動画を以下に紹介しておきます。

>> アウトプットの達人になる方法【精神科医・樺沢紫苑】

-読活

Copyright© サルコッチのアウトプットフリーク , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.