おくれんeラーニング:第6話【我以外皆我師】ある億万長者の錬金術

投稿日:2019年5月11日 更新日:

こんにちは!サルコッチです。

シリーズでお伝えしている「ある億万長者の錬金術」
略して「おくれん(億錬)」の第6話になります。

この「おくれん」のシリーズをなぜ公開しているのか?
その理由は動画の詳細欄(もっと見る)や、以下のブログ記事で詳しく話していますので、ぜひご覧ください。

>> おくれん【億錬】ある億万長者の錬金術を伝える理由について

今回のテーマは「我以外皆我師(われいがいみなわがし)」です。

実践するのはとても難しいテーマですけど、がんばりたいです(^^)

第6話:我以外皆我師

「我以外皆我師」とは剣豪の宮本武蔵の言葉として有名です。

【余談ですが!】

「我以外皆我師」とは
宮本武蔵の言葉として有名なのですが、

実は、吉川英治(よしかわ えいじ)さんが、
小説「宮本武蔵」の中で書いたオリジナルワードです。

宮本武蔵自身は、五輪書の中で
「万事において我に師匠なし」と
全く逆のことを言っています。

引用:美しい言葉

 

ということで、
誰の言葉かってことより、

その考え方が大事です。

「我以外皆我師」とは、

簡単にいうと、

「自分以外はみんな先生」ということです。

少しキレイ事っぽく聞こえますよね。

でも、
このマインドセット、考え方は、
結果的に「自分の強みを探せる!」

という話につながるので、
最後まで聞いてほしいです。

サルコッチ
キレイ事ではなく、自分の強みが分かる魔法の考え方

私のメンターも、
このマインドセットを大事にしていて、

色んなマインドセットがある中で
「一番好きかな?」といくらい大事にしています。

そして、これをやり続けたおかげで、

「お金だけじゃなくて、人間にもめぐまれてる!」
ということですので、ぜひ実践したが良いと思います。

私も最近は忘れ気味でしたが、
派遣や日雇いで働いていた時は、
この言葉をよく実践していました。

もういちど、私もしっかり実践したいと思います。

師とは、自然なども含めて全て

宮本武蔵がいう、「我以外皆我師」というのは、

「草とか木とか土とか、微生物、空気、太陽」など、

そういったもの全てが自分の師匠だと思って
感謝して学びなさい!ということを伝えています。

サルコッチ
人だけのことではなく、自然も先生!

宮本武蔵が畑仕事をしている時に、
倒れて、その時に雑草をみて、

雑草が一生懸命に生きているのをみて、
「がんばろう」と思ったり、

これに似たような話が、
井上雄彦(いのうえ たけひこ)さんの「バガボンド」
にもありますよね。

そういったエピソードが、
宮本武蔵の「我以外皆我師」にはあります。

お金を持ってても偉くない

それで、私のメンターは、
この考え方を大事にしていて、
そういう風に生きています。

そもそも、マインドセットがどうとか、
無理矢理、相手を尊敬しようとしているのではなく、

「みんなスゴいし、いい所がある」
思っていて、

今の世の中は、

「お金を持ってる人が偉い」
「お金を持ってる人がスゴイ」

とかいう風潮があるけれども、

全然、お金持ってても、偉くない!
と言ってるんですよね。

たとえば、私のメンターよりもお金を
持っている人はたくさんいるんですよね。

たとえば、投資で一発ドカンと当てた方とか、
何十億、何百億とかもってて、
何千億とか持っている人もいるらしいんです。

そんな金持ちの人が、
メンターのところに学びにきます。

それで、メンターが
「なんでここに学びにくるんですか?」
「ぼく、何千億も持ってないですよ。」
と聞くと・・・

超お金持ちの人が

「いや、そうじゃないです」
「先生の人間関係とか」
「教え方とか」
「コピーライティングとか」
「そういうことを学びたいんです」

と言って、メンターの所に勉強しにきています。

お金はすごくランクが低い

で、その時に、
色んな事に気付いたらしく、

お金を稼いでいる人って、
言葉を選ばないとしたら、
けっこう「欠陥人間」な場合が多いらしいです。

お金を一生のうちで、
100億とか200億
くらいまで稼ぐ人って、
ちょっと変人らしく・・、

たとえば、

・家族の大事な時間
・恋人と遊ぶ時間

そういったものを捨てたりとかして、

その分、仕事とかビジネスに
打ち込んでいるからこそ、
結果が出ている人が多い。

色んなものが欠けていて、
ハッキリいってしまえば、

「人間の幸福という意味では、バランスが悪い」

なので、そういう人たちがお金以外の
色んな幸福を得たくて、メンターの所に勉強しにくる。

それを考えると、

「お金がすべてじゃないな。」というよりも、

「お金はすごくランクが低いな。」と感じるらしいです。

サルコッチ
お金のランクは低い!

我以外皆我師があると「聞く」姿勢が生まれる

私のメンターは
「相手にお金があるとか、ないとか」で人を判断しない!

また、ファッションも、
格好がいいとか、格好が悪いとか、
綺麗な格好してる、してないとかで判断しないし、

「誰からでも、何からでも絶対学べる!」と思って、

必ず、よく話を聞くらしいです。

サルコッチ
人の話をよく聞くことが大事

すると、

・話をきくのが上手い
・質問するのが上手い
・自分の強みを引き出してくれる
・会ってから人生が変わった

と、良く言われるらしいのですが、
それは、偏見がなく「聞く」姿勢が
あるからだろうと、自己分析されています。

我以外皆我師の裏側

我以外皆我師の裏側の話です。

この考え方が大事だ!と分かった!

そして、
自分以外の人を先生だと
思うようにしよう!と思っても・・・、

「俺、こいつ嫌いだよ」
「私、あのひと苦手なの」

って思う人いますよね。
それはすごくよく分かります。

人間ですから、合う合わないもありますしね。

サルコッチ
あの人「嫌い」「苦手」で終わらず、その先へ

でも、ここで、投げて
しまっては普通の考え方です。

もうひとつ深く考えると、
気をつけないといけない!と分かるのですが、

それは「人の悪口って言っちゃダメ」ってことなんです。

心理学に「シャドウ」という言葉があります。

シャドウとは「影」ですよね。

人の悪口って、実は自分の「影」の部分なんです。

どういうことかというと、
他人の嫌な部分は、自分の中に眠っている嫌な部分なんです。

たとえば、

「あいついは、嘘つきだから嫌いだ!」
と言ってる人がいたら、

自分にも、嘘をつく能力があって、
でも、嘘がつけなくて苦しんでたりします。

他にも、
よく言われるのは、

「あいつは、金持ってるから、汚いことしてる!」
というセリフ。

これは、自分は本当はお金が欲しいけど
稼げなくて悔しい負け惜しであることがほとんどです。

 

つまり、
人の悪い部分に気づけるってことは、
実は、それは自分の中にあるんですね。

これがシャドウです。

なので、人の悪口をたくさん言っている人をみると、

「あー、それは、あなたの中に眠っているものを
言っているだけなんで、言わない方がいいのになー」

「自分の悪いところを宣伝しているだけなのになー」

となるので、注意が必要です。

といいますか、人の文句を言う時って、
自分に酔ってる人がほとんどなので、そもそも危険ですよね。

 

【余談ですが】

人の悪口を言って良いのは、炎上商法によって注目される有名人か、愛あるイジリや、悪口を言っても、それを笑いのネタに変えることができるスキルと経験がある人だけかなと思います。

その最上級がプロの芸人さんですよね!よく同期芸人の悪口を言ったり、先輩にタメ口聞いたりして、笑いを取っていますよね。

キングコングの西野さんとか、近畿大学の卒業式で、悪口からはじまって、最後は素敵なメッセージを贈って卒業生をお祝いしていました。

こんなトークスキル、普通の人にはないんですから、しゃべりの素人は悪口なんて言わずに、おとなしくしておくのが良いと思います。

その西野さんのスピーチはこちらです!

>>キンコン西野 伝説のスピーチ「人生に失敗など存在しない」平成30年度近畿大学卒業式

この動画で分かること

・有名な芸人さんのトークスキル
・失敗は存在しない!という意味
・スピーチや、プレゼンテーションの魅力

良いも悪いも、シャドウになる

だから、これからは、
人の悪口とか言わないで、

シャドウを良い意味で使うんです!!

それは、どういう意味かというと、

自分の中にないものって、
相手には気づけないんですよね。

これは「良いも、悪いもそう」なんです。

 

たとえば、
「あの人は話が上手くて、尊敬している」
という場合は、

あなたの中に、
すごく話を上手にする才能が眠っています。

なので、相手の良いところを分かる人は、
その良いところは自分の中にもあるということなんです。

つまり、このシャドウを使って、
自分の中に眠っている才能を見つけることができるのです。

【余談ですが!】

ここで、分かりやすく浮気のことを考えると、

「あの人は浮気するから嫌だ!」と言う本人は、
浮気をできる人です。

逆に、相手の浮気に全く気付けない人は、
自分の中に、浮気の概念すら人ないということです。

 

良いところだけを見るのがオトク

まずは、シャドウをちゃんと意識します。

そして、悪口を言わないこと!

【余談ですが!】

人の悪い部分に気づくというのは、
その悪い部分は、私達の中に眠っているものです。

だから、イラっときても、悪口を言わない!
悪口もそうだし、人の評価ばかり人前でしない!

他人の評価を語れば語るほど、
あなたの評価は下がっていく一方です。

だから、他人の評価をしない方がいいです。

私も耳が痛いです。
ついつい心許した友達には愚痴っぽくなる時があります。

 

そして、好きな人、嫌いな人、
どうでもよい人であっても、
その人の話を聞いて、良いところを探す。

自分が気付いた他人の良い所は
自分にも備わっている!ということ!

つまり、それが自分の強みになる可能性があるのです。

サルコッチ
自分が気付いた他人の良い所は、自分にも備わっている!それが自分の強み!

これで、自分の強みを知ることができます。

自分の気持ちひとつで実践できる

「我以外皆我師」の実践は難しいです。

でも!自分ひとりでも決心次第で出来ることです。

なので、今日から、私もがんばって実践します。

どんなに嫌な人でも、悪い人でも、
良いところ、学べる部分は確かにあります。

それはそうだと、私は本当に思います。

それんら、そこだけを見た方が、
大人だし、健全だし、いい人間関係が築ける!

と考えると、結果的に、絶対に得しますよね。

今日から、難しい教えですけど、

「我以外皆我師」という宮本武蔵の言葉を
マインドセットとして、ひとつの考え方として、

私も、ガツンと、心にとどめて、
毎日、がんばっていきたいと思います。

サルコッチ
「我以外皆我師」という心がけ

ということで、今回のテーマは、

「我以外皆我師」でした。

今日も一緒にがんばっていきましょう!

-おくれんeラーニング

Copyright© サルコッチのアウトプットフリーク , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.